出産祝いの知識

大人になると、知人に「出産祝い」を贈ったり、初節句等のお祝いを贈ったりするような機会が増えてくると思います。出産祝いをいただいた相手の方には、必ず忘れないように、お返しや出産祝いを贈るようにしたいものです。出産祝いを贈るタイミンについてですが、通常は、出産後1ヶ月以内に贈るというのが目安になっています。出産はとてもおめでたいことなので、すぐにでもお祝いをあげたいと思方も多いと思います。しかし、よっぽど親しい相手や、本人から呼ばれたという場合以外は、入院中に病院に行くことは、控えた方がいいと思います。

 

喜びの気持ちを、少しでも早く伝えたいという場合は、メールやカードなどを贈るのがいいでしょう。品物を渡したいときには、退院して、落ち着いた頃にした方が、ゆっくりお話も出来るので、いいと思います。また、お祝いの表書きについてですが、「御祝」「御出産御祝」と書いてあるものを使います。水引は、紅白の蝶結びのものを使うようにしましょう。

 

出産祝いをいただいた場合には、内祝を贈るようにしましょう。本来、内祝とは、出産した喜びを報告する意味から贈るものです。ですから、お祝いのお返しという意味ではありませんが、いただいたら返すという、日本の風習もあるので、是非、贈るようにした方がいいと思います。

 

金額の目安としては、頂いた金額の1/3〜半額位が目安となります。表書きには、「内祝」と書き、名前のところに、子供の名前を書いてください。水引は、出産祝い同様、紅白の蝶結びを使います。内祝を贈るタイミングについてですが、出産祝いをいただいてから1ヶ月以内に贈るのが、一般的にはマナーとされています。その際、お礼状も一緒に添えると、より丁寧に、気持ちがこもったものになり、受け取った側も喜ぶのではないかと思います。