出産祝い金とは?

【出産祝金】
出産祝金とは、一部の市区町村で行っている制度です。出産祝金は、子供の誕生を祝福して、健やかなる成長を願うという意味で、養育している方に、一定の金額が支給されるものです。従って、出産祝い金制度がある市区町村に住んでいる方は、管轄の市区町村の役所に連絡をして、一度は確認してみた方がいいと思います。出産祝い金の金額は、制度を行っている市区町村によって異なります。だいたい、50,000〜100,000円ほどで、地域によっては差が出ているようです。

 

また、お勤めの方は、会社によって、出産祝金制度がある場合もあります。是非、お勤めの会社に確認していただいた方がいいと思います。また、健康保険組合、国民健康保険に加入している方は、出産証明書を取得して申請すると、出産育児金・出産育児一時金出産育児金をもらうことができます。出産育児金(出産育児一時金)とは、現在では、大体35万円程、付加金が付く場合は、プラスαいただけるという場合もあります。

 

これは、妊娠中の定期健診や、分娩にかかる費用というのは、保険が適用されないようになっていることから、出産時の手当金として援助するという趣旨ものです。健康保険から、「出産育児一時金」が支払われます。出産育児金取得の資格ですが、国民健康保険加入者、社会保険の被保険者、または、被扶養者であることが条件となります。申請期間ですが、出産後、2年以内に申請してください。2年以上過ぎて申請すると、支給金額が減額されてしまいますので、注意しましょう。