出産祝いに贈るお祝いの言葉

ここでは、出産祝いなどを贈るときに、贈り物に添える送り状の、お祝いの言葉について、少しご紹介してみたいと思います。どうぞ参考にしてみてください。

 

出産をされたご家族にとっては、新しい家族を迎えて、当然、さぞ喜びが大きいときだと思います。ですから、明るい言葉を選んで、書いてあげた方がいいと思います。「これから、育児とかで大変だと思いますが・・・」など、不安をあおるようなことは、書かない方がいいでしょう。また、母子共に、健康で健やかに育つよう、祈るような言葉をおくるのが良いのではないかと思います。

 

また、赤ちゃんに、まだ名前が付いていないという時期であれば、「お子様」、「赤ちゃん」と書くようにしましょう。また、使ってはいけない言葉としては、「切る」、「死ぬ」、「絶える」、「無くなる」、「流れる」などがありますので、注意するようにしてください。

 

【例文1】
出産おめでとう!本当によかったですね。母子共に健康のようで、なによりだと思います。出産も大変だったでしょう。よく頑張ったと思います。でも、大きな赤ちゃんは、育てるのがらくだといいます。これからは、赤ちゃんの子育て話など、いっぱい聞かせてくださいね。また、困ったことがあったら、いつでも連絡してきてくださいね。私でよければ相談に乗りますよ。

 

【例文2】
ご出産おめでとう。またにぎやかになりますね。本当に心からお祝い申し上げます。ご主人様もお子さんが大変好きだそうですし、さぞかし喜んでいられることでしょう。

 

【例文3】
赤ちゃんの誕生、本当におめでとうございます。奥様に似て、目鼻立ちが整っていて、可愛い赤ちゃんですね。是非お目にかかれるのを楽しみにしております。あなたさまと赤ちゃん、ご家族の健康を、心よりお祈りしております。