出産祝いのギフトを選ぶ

出産祝いを贈る機会は、よくあることだと思います。出産祝いとして、お金を贈る場合もあります。あるいは、ギフトなどを贈るケースも、多く見られます。先方の好みもあるので、相手に本当に喜ばれる出産祝いを選ぶのは、なかなか難しいことだと思います。

 

出産祝いとして、人気のギフトやプレゼントのひとつに、「ベビー服・子供服」があげられます。いろいろ高いものなどを贈りたいと思ったりもしますが、贈られる方としては、やはり、日常的に使える日用品などが、ギフトを使うママにとって、便利でありがたいものだと思います。また、ベビー服などは、贈り物として人気が高いですが、理由としては、手ごろで、贈り物としては、金額的にも最適な額だということが言えると思います。

 

また、個人的な意見で恐縮ですが、もらって嬉しかった贈り物は、「ミルクポーチ」でした。ミルクポーチとは、粉ミルクや哺乳瓶など、乳児用のものをまとめて入れることができる、外出用のポーチのことです。自分で買おうと思うと、なかなか買わないし、買いにいく時間も無かったのですが、人からいただいて、ちょっとした外出の際に、結構使う用途も多く非常に重宝しました。周りの方々からは、ベビー服を多く頂くと思いますので、こういうポーチなど、ちょっと気の利いたギフトなども、喜ばれるのではないかと思います。お勧めのアイテムです。

 

また、少し変わっていて、実はよく使う便利なものとしては、オムツを収納できるようなポーチなどが、とても喜ばれると思います。とっても便利だと思います。最初は、スーパーの袋でもいいかな?と思うのですが、臭いなどにも対処できません。ですから、専用のポーチなどがあれば、ものすごくいいと思いました。

誰かが出産をして、何か出産祝いを贈るというとき、贈り物について「何にしよう?」、「何が喜ばれるんだろう?」といろいろ悩んでしまい、なかなか決まらないということも多いと思います。実際に、世間の人達は、どんなものを贈っているのか、気になるところだと思います。実際に、もらって嬉しいものや、役に立ったものは、いったいどんなものなのでしょうか。

 

実際に選ばれている品々には、「ベビー服」、「ブランド物のベビー服」、「現金」、「商品券」、「ギフト券」など、様々です。また、おむつやお尻拭きなどの消耗品や、チャイルドシートやマザーズバッグなども、人気の商品だそうです。初めてのお子様用には、成長記録を付けるためのアルバムや、育児日記、銀のスプーン、靴、手形セットなども、喜ばれる商品として人気があるようです。

 

少し大きくなって、授乳期間が終わった後に必要となるものであれば、離乳食用の食器セット(これは割れないものを選んだ方がいいと思います)、耐熱の哺乳瓶、タオルケットやタオルなども役に立つのでいいと思います。ある程成長したお子様用には、おもちゃ、絵本、ぬいぐるみなど、遊び心があって、教育にも役立つ物なども人気があります。ちょっと変わったところでは、出産祝いを、赤ちゃん主体ではなく、出産そのものを頑張ったママさん向けに贈るという方法も、喜ばれるのではないかと思います。例えば、簡単にお花とか、バスローブとか、加湿器、マッサージ器、ちょっと奮発してデジカメなどもいいと思います。

 

何を贈るにしても、お祝いの相場の額を、大幅には超えないことや、熨斗をきちんとつけるなど、マナーについてもきちんと把握しておくことも大切です。

友達、親族、周りの人などに、赤ちゃんが生まれたとき、お祝いの意味をこめて、贈り物をすることになると思います。出産直後というのは、たくさんお祝いの品をもらうと思うので、お祝いの品はダブってしまったりしてしまうものだと思います。今すぐに使うものなどは、親族の人たちなどから、既にもらっていて、揃っているという場合が多いと思います。ですから、生後6ヶ月〜3歳位に使えるような、ベビー用品などを贈ると、喜ばれるのではないでしょうか。以下に、人気がある出産祝いを、いくつか挙げますので、参考にしてみてください。

 

【ベビー服】
新生児の成長というのは、ものすごく早いものです。今、ちょうどぴったりでも、一ヵ月後には、小さくなっているということもあり得ます。その子の成長祈願の意味を込めて、ベビー服などを贈る場合は、大きめのものを選ぶようにした方がいいでしょう。その洋服の大きさに合わせた靴や帽子、よだれかけなども、プレゼントとして人気があります。

 

【木製のおもちゃ】
木で作られた積み木や、木馬、ガラガラ、汽車など、本物志向の方や、自然のぬくもりが感じられる品物として喜ばれるギフトです。赤ちゃんというのは、何でも口に入れてしまうものです。しゃぶったりしても安全な素材というのが、人気の理由だと思います。

 

【ベビー小物】
ガーゼのハンカチや、タオルケットなど、実用品、フォトフレームやアルバム、ぬいぐるみなどの小物類も、いくらあっても困らないものだと思いますので、喜ばれる品物だと思います。
また、出産を頑張ったという意味で、お母さんに贈り物をするのも、喜ばれると思います。お母さん用に、抱っこ紐や、マザーズバックなどを贈るのもいいでしょう。

出産した方に贈る贈り物である出産祝についてですが、出産祝のプレゼントに、プラスαとして贈る贈り物として、お勧めのものがあります。それは、消耗品です。育児に使う消耗品というのは、おむつを始め、とにかく減りが早くて、どれだけあっても、困ることはないと思います。また、産後は、外出もなかなか思うようにできず、買い物をままならないものです。ですから、訪問時など、手土産として消耗品を持参すると、とても喜ばれると思います。

 

【おむつ】
昔は、日中は布のおむつで、夜間やお出かけの時には紙おむつと、両方使っている方がほとんどでした。しかし、最近では、布おむつを使わずに、紙おむつのみを使っている方が、とても増えていると思います。紙おむつだけだと、ものすごい勢いでおむつが無くなっていくので、いただけるのならば、とても嬉しいアイテムなのです。また、赤ちゃんによっては、新生児サイズのおむつがすぐ使えなくなってしまったりすることがあります。Sサイズ以上のものを用意してあげると、より喜ばれるのではないかと思います。

 

【ミルク】
外出時のときなど、あると便利だなと思うのが、粉ミルクです。離乳食用にも使えたりもします。しかし、使わないという方もいます。ですから、持って行こうとするときは、直接確認してから、買っていってあげた方がいいと思います。

 

【おしりふき】
おむつとは違い、かなり長く使える消耗品です。オムツを使った後に使用するので、すごい勢いでなくなっていきますので、いくらあっても困ることがないものだと思います。また、赤ちゃんとの相性もあるかと思います。確認してから持っていった方が喜ばれると思います。

常に上位にランキングしている、出産祝に貰って嬉しいものにひとつは、「ベビー服」です。ベビー服というのは、汗っかきの赤ちゃんにとって、何枚あっても重宝するものです。特に、夏場などは、一日に何回着替えることやらです。夏以外でも、いろいろな場面で、着替えることが多いのが赤ちゃんです。よだれなどで汚してしまうこともあります。

 

従って、何枚あってもいいとは思いますが、赤ちゃんの成長というのは、ものすごく早いものです。今現在、ぴったりなものを選んだとしても、すぐ小さくなってしまいます。赤ちゃんというのは、寝返りしたり、ハイハイしたりなど、動きもその都度変化していくものです。成長も早いので、その段階に合ったサイズや季節のものを、考えて選ぶようにするのが良いのではないかと思います。

 

しかし、出産時期の季節のものの洋服は、出産前から、ママさんや親御さんから頂いたり、買ったりして、揃えているというパターンも多いかもしれません。ですから、次のシーズンのものを選択した方が、喜ばれるということもあります。赤ちゃんにとって、洋服というのは、パジャマのようなものです。ですから、まずは着ていて楽なこと、そして、飾り付けが余り無く、動きやすく、シンプルなデザインのものを選んだ方が良いでしょう。

 

せっかく可愛くて、ちょっといいブランドのベビー服をいただいたとしても、サイズや季節が合わないと、着せてあげられず、もったいないことにもなりかねません。そういうことにならないように、購入時には、赤ちゃんに着せたい時期や季節、サイズを、よく選んで購入するようにしましょう。