内祝いとは?

出産祝いをいただいたときには、いただいた方に対して、お礼のお返しをする、「お祝い返し」という習慣があります。これは、「内祝い」といいいます。「内祝い」とは、お祝いを贈られた側の人が、出産に関して、お世話になった人や、これからお世話になる方に対して、お礼の意味、または、よろしくお願いしますという意味を込めて、贈るもののことを言います。

 

「内祝い」を贈る時期についてですが、大体、お宮参りの時期頃が適切です。生後一ヶ月位までに返すのが理想的とされています。生後一ヶ月というと、産後間もない頃です。特に、初めてのお子さんの場合、手続きやら育児やらで、慣れない生活を送り、バタバタしていると思います。しかし、常識的には、大体一ヵ月後くらいに返さないといけないものなので、出産後にバタバタしないために、ある程度は、早い時期に、内祝いの準備をしておいた方がいいかもしれません。

 

内祝いに、何を贈ったらよいのだろうかと、悩むところだと思います。贈る品物や、ギフトなどは、事前にチェックしておいて、頼むだけにしておいたり、内祝いを贈る人の住所などを、リストアップしておいたりしておくと、スムーズに済むと思います。また、事前に準備などをしておくことで、贈り忘れが無いよう、チェックすることも出来ます。実際に、出産してから内祝いなんて、選んでいる余裕が無いと思います。余裕持って、品物選びもできると思いますので、必ず、事前に準備しておくことをおすすめします。

 

また、内祝いの贈り忘れが、万が一あったとしても、誠意を持って、必ずお返しという形で、贈るようにしてください。出産祝いを頂いた方に対して、内祝いを贈り忘れるのが、一番の失礼にあたります。必ず注意するようにしてください。