出産祝いのお返し

出産内祝いとは、何のことなのでしょうか?現在では、内祝いというと、出産祝いのお返しとして認識されている方も多いかもしれません。しかし、本来は、子供が生まれたというおめでたいことを、皆さんにも一緒に祝って欲しい、幸せのおすそ分けをしたいという意味で、贈るものだったそうです。内々にあった慶びごとに対しての気持ちを、親しい人や、親族家族、また、お世話になった人、これからお世話になる人達と分かち合い、感謝するという意味があるものであったようです。

 

ただし、現在では、最初にお話したように、出産祝いを頂いた方に対するお返しとしての意味の方が、強くなっているのが現状かもしれません。内祝いのマナーとポイントについてですが、熨斗にある水引には、出産という出来事が、何度も繰返したい祝い事という意味で、「蝶結び」を使うのがいいとされています。また、表書きには、「内祝」、名前のところには、生まれた子供の名前を、お披露目の意味を込めて書くというのが一般的です。

 

出産直後は、いろいろな方々から、出産祝いをもらうものです。出産したら、だいたい1ヶ月後位に、お宮参りをするのが一般的です。そして、それ以降、赤ちゃんの名前で、「内祝」をして、出産祝いのお返しをします。その際の水引は、紅白の長結びとします。昔は、いろいろとマナーがあったようですが、最近は、かなり柔軟になってきているようです。両親への内祝いは、しないというケースも増えているようです。内祝を贈る時期は、大体、出産後一ヵ月前後位、お宮参りのあたりが良いとされています。また、気になる内祝の目安の金額ですが、出産祝いを頂いた場合は、半返しくらいが目安になるのではないかと思います。

 

また、出産祝いのお返しという意味を込めて、内祝を贈る場合は、「頂いたものを使わせていただいています」とか、「嬉しいです」とか、感謝の気持ちを込めて、お礼状を添えるのも良い方法だと思います。そうすると、受け取った相手も、自分の贈ったものを喜んでもらえているんだなと、嬉しく思ってくれることでしょう。

 

 

【お礼状を書く】
出産祝いを頂いたら、必ず、お礼状をすぐ書きましょう。内祝いなどのお返しをしない場合でも、必ず、お礼状は出した方がいいです。これは、贈っていただいた方が、「無事に届いたのだろうか?」と心配していることへの、確認の意味もあります。お礼状の出し方についてですが、葉書でもいいですが、封書の方が、より丁寧だと思います。また、心がこもったお礼状になるでしょう。電話で、直接お礼を言うのもいいと思います。しかし、あくまでも、電話は略式の手段だということを、覚えておきましょう。

 

【お返しの相場】
お返しについて、金額的な相場ですが、目上の方へ返す場合は、頂いたお祝いの金額の、1/3〜半額程度、年下の方に返す場合は、半分以上で返すのが一般的です。しかし、一律にお礼をしても、最近では、よしとされています。職場などから、連盟でお祝いを頂いた場合には、お菓子など、複数入っているものを返すのがいいでしょう。

 

【お返しとは】
昔は、「人の上になるように」との願いや、縁起をかついで、傘、布団、毛布などを贈ったそうです。最近は、鰹節や、お子様の名前入りのもの、角砂糖などが定番となっているようです。また、石鹸、タオルなど、実用的なものも、根強い人気があるようです。