出産祝いを贈る時期

赤ちゃんが生まれてくるということは実に喜ばしいことですよね。出産祝いは母子ともに健康であることを確認してからお祝いを贈るようにしましょう。出産というとても大きな仕事をやり遂げたお母さんにたいしてご苦労さまという意味をこめて贈り物をしましょう。特に出産祝いを贈るときには気をつけたいことがあります。それは赤ちゃんが無事に誕生したかということです。母子ともに健康である事をきちんと確認してからお祝いを贈るようにすることが常識です。

 

最近では赤ちゃんは病院で出産して産後1週間くらいは入院している場合がほとんどのようです。赤ちゃんが生まれたからといってすぐに駆けつけるということは控えたほうがよいかもしれません。出産という大仕事をやり遂げたお母さんにとっては休養をとることが一番なのです。

 

お見舞いにいくことはなるべく身内以外は避けるようにしたほうがよいでしょう。どうしてもお見舞いに行くという場合には長居をしないで早めに引き上げることが大切です。そして大人数ではいかないようにして、男性は遠慮しておくというような配慮が必要です。

 

一般的に、出産祝いを贈る時期は生後7日から1ヶ月ぐらいまでです。ただ産後の状況があまりよくないという場合もありますので母子ともに健康であることを確認してからお祝いを贈るようにします。さまざまな状況を考えて、生後2週間から3週間くらい後を目安に出産祝いを贈ることがベストかもしれませんね。