出産祝いのメッセージの書き方

出産祝いのメッセージの書きかたをどうしようか?なんて悩むかたもいるかもしれませんね。お祝いのメッセージの書き方に、基本的にルールないようですが、書き方の1つのポイントとしては、名前がついていないうちは「赤ちゃん」や「お子様」と書いておき夫婦にあてて書く場合には「誕生おめでとう」ではなく「出産おめでとう」と書いたほうがよいでしょう。

 

やはり一番に『おめでとう』というお祝いの気持ちをあらわしたいですよね。そしてがんばったママには『おつかれさま』の労いの気持ちが伝わるような書き方が出来れば充分だとおもいます。ただ、ご祝儀袋などを使用してお祝いを贈る際には、最低限のマナーがありますので気をつけましょう。贈る相手に失礼がないように、ご祝儀袋の書き方や金額の書き方、氏名の書き方など出産祝いに関するマメ知識をきちんと把握しておいたほうがよいでしょう。

 

出産祝いの表書きの書き方は「御祝」や「祝ご出産」などです。中袋の書き方は裏に金額を記入する欄がある場合の書き方は、その欄に金額を記入するようにしましょう。表の書き方は中心を少し外したところに住所や氏名を記入します。金額を記入する欄がない場合の書き方ですが表の中心に金額を記入しておき裏の中心を少し外したところに住所や氏名を記入します。