出産祝いを贈る時期

赤ちゃんが誕生したら、すぐに両方の両親や兄弟などの近親者に報告をしますよね。あまり広範囲に知らせることはお見舞いや出産祝いの気遣いをさせてしまうこともあるためなるべく考慮した方がよいでしょう。近親者以外は、出産してからちょっとの間は、産婦さんも体調が思わしくないこともあったり赤ちゃんのお世話などで忙しいので、すぐにお見舞いに行くのは控えたほうが良いでしょう。

 

お祝いは退院の直前もしくは退院してしばらくしてからにしたほうがよいでしょう。時期としては出産後の日から1カ月くらいまでの間に出産祝いを贈るのがよいとされています。また、親しい間柄の人いがいは、デパートなどから宅配で贈ったほうが、産婦さんへの精神的な負担があまり無くて良いのかもしれません。身内からの贈り物はベビーベッドや寝具などは、あらかじめ出産をする前に両家で相談して記念として贈ってもかまわないとおもいます。

 

赤ちゃんへの衣類を贈るような場合には、半年から一年先に着れるように大きめのサイズを季節に合わせて贈ったほうがよいでしょう。また、産婦さんが無事に出産したことへの感謝の気持ちをこめて、記念となるアクセサリーなどを産婦さんに贈るのもお洒落で喜ばれるとおもいます。出産祝いを贈るための表書きは水引き・結び 紅白 蝶結びのしつきなどです。出産祝いのお金を贈る時には四文字を気にする場合は五文字を2行に書きます。