お祝い事とのし袋の意味

原動機付き自転車の保険料お祝いごとには、のし袋が必要となりますよね。古くからの日本のしきたりである「のし袋」は誰しも知っていると思います。いざというときに恥ずかしい思いをしないように、のし袋の正しい使い方を覚えておいたほうがよいでしょう。今回はお祝いごとののし袋ですが、これは地方によって若干dせうあ使い方に違いがある場合もあります。

 

のし袋のゆらいについてですが、のし袋の「のし」とは干したアワビのことです。もともとは儀式用のものでした。しかし、お祝いの意を表わすために贈り物に添えるようになったそうです。そして贈り物をするときに、現金はのし袋に入れます。そして品物にはのし紙をかけて渡すということになります。これは、昔からの日本のしきたりによるものです。

 

のし袋についている細いこよりを「水引(みずひき)」と呼びます。贈る内容によって、色と結び方を使い分けるようにします。向かって右側に色の濃いもので金と銀なら金がくるようになっています。蝶結びは、引っ張るだけで簡単にほどくことができますし、何度も結び直せることから、喜びが何度でもあるようにという意味がこめられています。結婚以外のおめでたいことである出産や入園、入学などのお祝いのときに使います。