出産祝いのマナーについて

出産祝いのマナーについてご紹介したいと思います。出産祝いのマナーは以前と比べてみるとやや変わってきていると思います。現代の若い世代がママやパパになっていくのに伴い色々と変化がみられてきたのでしょう。どちらかといえば、古くからの仕来たりに左右されない傾向が見られるようです。特に、出産祝いを贈る時期などにその傾向が顕著にみられるそうです。

 

以前までの出産祝いの仕来たりといえば、赤ちゃんが生まれて7日目の「お七夜」に出産祝いを持参するというのがマナーだとされていました。しかし実際には、出産後1週間〜10日間の時期は、まだ母子ともに入院や安静にしている時期だといえます。このような理由から、母子の状態・体調や先方からの内祝いなどについて考えると、現在の出産祝いは産後10日〜1ヶ月の間が好ましいとされています。

 

10ヵ月という長い妊娠生活を終えてお母さんをはじめつぃて、出産に携わった方は一安心といったところだと思います。あくまでも母子の状態を優先した出産祝いの贈り方を選択するとよいのでしょう。出産直後に友人が花束などの出産祝いを直に産婦人科まで届けに来てくれるという方もいると思います。前もってメールで連絡を取り合っていればそんなに気を使わなくてもすむかもしれませんね。