出産祝いを贈る前に

新しい命の芽生えはとてもすばらしいものですよね。出産は、人生における様々な冠婚葬祭の中でも、最も感動的な行事だといえます。その反面、出産という大きな仕事を果たした母親の体調や出産した後の赤ちゃんの健康など、とても気を使わなければならない事がたくさんあるのです。出産祝いを贈答品で行う場合には他の人と品が重なるケースも良くあります。

 

本人に希望を聞いてみて、一番必要なものをプレゼントするのも良い方法です。いづれにしても、先方の状況を良く考えてから真心を込めてお祝いをしましょう。出産祝いの注意点としては次のとおりです。もしも出産の知らせを受けたら、未熟児出産や出産時のトラブルなどの恐れがありますので本人または家族の方に、母親・子供ともに健康であるかと確認したほうがよいでしょう。

 

どちらかの、具合が悪いような場合は、なるべく細かいことを尋ねることを控えるようにしましょう。もしも心配な時は、少し様子をみてからお祝いを贈っても遅くはないでしょう。出産祝いを贈る時期は産後1週間後位から1ヶ月頃までです。金銭で出産祝いを贈る場合は、恥ずかしい思いをしないように目安をしっておきましょう。